「胸のしこり」は乳がん以外にも! 乳腺症や葉状腫瘍など乳房の病気

「胸のしこり」は乳がん以外にも! 乳腺症や葉状腫瘍など乳房の病気

胸のしこりが早期発見の鍵となる「乳がん」ですが、胸にしこりができる病気は乳がん以外にも幾つかの可能性が考えられます。

今回は胸のしこりが起こる病気や、その原因について紹介していきます。



胸のしこりができる病気①:乳腺症

胸にしこりができる病気の最も代表的なケースが「乳腺症」です。
年齢的には40代前後でかかることが多く、月経の前にしこりが大きく硬くなるなど、質感やサイズ感に変化が起きるのが乳腺症の大きな特徴のひとつ。
胸のハリや痛みを感じることも多く、乳頭から分泌物が出る場合もあります。

乳がんと異なり、乳腺症自体は良性なのであまり心配する必要はありません。
ただ乳腺症とは別に、乳がんが進行しているようなケースもあるので、しこりを感じたら早めに受診するようにしましょう。



胸のしこりができる病気②:乳腺線維腺腫

「乳腺線維腺腫(にゅうせん せんいせんしゅ)」は、10代から20代など若い女性に多く、胸に平らで滑らかなしこりができる症状。
しこり自体に痛みや違和感はなく、年月と共に消えることも多いです。
触ってしこりの存在感が目立つほど大きすぎる場合は、手術で取り除くこともあります。


胸のしこりができる病気③:葉状腫瘍

乳腺線維腺腫とよく似ている「葉状腫瘍」は、急激に大きなしこりができるのが特徴です。
良性のことが多いですが、中には血液に乗って数年で転移する悪性葉状腫瘍であるケースも。

悪性の腫瘍の場合には、できるだけ早めに手術で取り除く必要があります。



喫煙によるバストアップへの悪影響3:細胞に酸素が届けられにくくなる

タバコに含まれている一酸化炭素を吸い込むことで、酸素と結びつく働きがあるヘモグロビンの働きを阻害するようになります。

ヘモグロビンに代わって一酸化炭素が結びつくようになってしまうと、身体中の細胞に酸素が行き届かなくなります。

その結果、女性ホルモンを分泌する卵巣なども十分に機能することができなくなりバストアップが叶わなくなってしまうのです。



ピルの副作用によるバストアップがNGな理由

ピルの副作用によるバストアップがNGな理由

ピルによるバストアップがNGな理由は、「乳房増大」以外の副作用も多いということ。
代表的なピルの副作用には、「頭痛」や「吐き気」「だるさ」などがあります。

「低用量ピル」は副作用を抑えた安全な薬ですが、同時に「乳房増大」作用も少ないです。
厚生労働省の薬価基準によると、ピル(経口避妊薬)による「乳房増大」の発生率はわずか1.4%以下にとどまるとのこと。
十分な効果・副作用を得るためには「高用量ピル」を飲まなくてはいけませんが、低用量よりも頭痛などの副作用がひどくなってしまいます。

またピルの副作用には、美容面でのデメリットもあります。
太りやすくなる副作用に加えて、頬骨やおでこに薄くモヤッとしたシミができる「肝斑」というお肌のトラブルも多いです。
バストアップの為にお肌の調子やプロポーションが崩れてしまっては、美容法としては本末転倒と言えます。



安全で効果的なバストアップ法

ピルを飲んでバストアップ効果を得るためには、継続的に飲み続けなければいけないというデメリットもあります。
服用を止めると徐々にサイズダウンしていってしまうので、確実なバストアップ法とは言えません。

バストアップが目的なら、より安全で効果的な方法から選びましょう。
専用のサプリメントはピルよりも効果的ですし、直接脂肪を注入する手術ならより短期間で効果があります。
最近ではお菓子感覚で続けられるゼリータイプのサプリや、メスを使わない日帰り手術など、手軽で安全なバストアップ法も増えています。

どの方法であれ、健康リスクのあるバストアップ法はおすすめできません。
安全で長く効果的な、体も心もきれいになれるバストアップ法を選びましょう。



豊胸手術「ヒアルロン酸注入法」と後遺症の有無

プチ豊胸とも呼ばれるヒアルロン酸注入法も豊胸手術のひとつです。
ヒアルロン酸はもともと体内にある物質ですので、安全性も高く施術も簡単でダウンタイムもないため多くの人に選ばれている施術法ですが、効果が持続しないことが最大のデメリットです。

後遺症は、質の悪いヒアルロン酸を注入した場合、バストが固くなったり凸凹ができたりしこりができたりすることなどが挙げられますが、それを防ぐためには、あまり安価な施術料のクリニックを選ばないことが重要でしょう。

豊胸手術にはいくつかの種類があり、それぞれに異なった後遺症があります。
バストアップ効果と後遺症のリスクを把握することで、より満足度の高い豊胸手術を受けることができるでしょう。
不安なことはその都度医師に相談し解決してから、豊胸手術を受けるようにしてください。