注射器で血小板プラズマジェルを胸に注入

採血した貴女の血液を遠心分離機にかけ血小板成分を分離し、その成分をジェル状の注入物にします。

その後その注入物をバストに注射器で注入することで豊胸を行います。

なにより自分の血液由来のものですから拒絶反応もなく安心です。

施術は注入法のエキスパートである池田院長自身が行います。

プラズマジェルはしだいに体内に吸収されていきます。

ヒアルロン酸の注入でプチ豊胸をするクリニックが多いですが、ヒアルロン酸の場合完全に吸収されず、しこりとなって残ってしまうケースがあります。

その点プラズマジェルによるプチ豊胸は完全に吸収されますので、そうした心配がありません。

バストアップの持続期間は個人差がありますが、3ヶ月~1年です。

プラズマジェルとは
プラズマジェルは、血漿に含まれる少血小板血漿(PPP)にALSAシステムという特殊な装置を使用し PPPに含まれるタンパク質に熱変性を起こしてジェル状にしたものです。
血液は55%の液体(血漿)と45%の血球(赤血球など)で構成されています。 血小板注入療法に使用するPRP(多血小板血漿)とプチ豊胸に使用するPPP(少血小板血漿)は、 どちらもその血漿に含まれています。
図のようにPPP(Platelet -Poor Plasma)は血液を分離した際の上澄みとなります。
プラズマジェルとは

プチ豊胸はこのような方に向いています

  • バストアップはしたいけれどメスを使った豊胸手術には抵抗がある方
  • 目立たないように少しずつバストアップをしていきたい方
  • 即座に、短期間だけのバストアップを希望される方

プチ豊胸の費用について

10cc 20,000円(消費税別)
※1回の施術で200ccまで注入が可能です。