「ピル豊胸」はNGな理由は? ピルの副作用とバストアップの関係性

「ピル豊胸」はNGな理由は? ピルの副作用とバストアップの関係性

「ピルを飲むとバストアップする」と言われており、その作用は厚生労働省も認めています。
しかし豊胸などを専門とする美容外科クリニックなどでは、リスクやデメリットを考えて、ピルを処方することはありません。

なぜピルを飲むと胸が大きくなるのでしょうか? そしてなぜピルによるバストアップがNGなのでしょうか? 
今回は経口避妊薬「ピル」とバストアップの関係性についてご説明して、ピルによるバストアップがNGな理由などをご紹介します。



ピルとバストアップの関係性

「ピルを飲むとバストアップする」と言われる理由には、ピルの副作用が関係しています。
ピルは、女性ホルモンの「エストロゲン」「プロゲステロン」などの量を調整して、乳房の組織を成長させる作用があります。
そのため副作用として「乳房増大」や「乳房の張り」が現れるのです。

薬を飲んで2,3か月ほどすると体内のホルモン量が安定し、乳房の張りを感じる方が出てきます。
こうしたピル(経口避妊薬)の「乳房増大」作用は、平成29年に厚生労働省が出した薬価基準でも認められています。

加えて皮下脂肪も溜まりやすくなるので、胸が大きくなったと感じる方も多いようです。
このように、ピルにはある程度のバストアップ効果があると言われていますが、美容外科などで処方することはありません。
その理由はなぜなのでしょうか? 



ピルの副作用によるバストアップがNGな理由

ピルの副作用によるバストアップがNGな理由

ピルによるバストアップがNGな理由は、「乳房増大」以外の副作用も多いということ。
代表的なピルの副作用には、「頭痛」や「吐き気」「だるさ」などがあります。

「低用量ピル」は副作用を抑えた安全な薬ですが、同時に「乳房増大」作用も少ないです。
厚生労働省の薬価基準によると、ピル(経口避妊薬)による「乳房増大」の発生率はわずか1.4%以下にとどまるとのこと。
十分な効果・副作用を得るためには「高用量ピル」を飲まなくてはいけませんが、低用量よりも頭痛などの副作用がひどくなってしまいます。

またピルの副作用には、美容面でのデメリットもあります。
太りやすくなる副作用に加えて、頬骨やおでこに薄くモヤッとしたシミができる「肝斑」というお肌のトラブルも多いです。
バストアップの為にお肌の調子やプロポーションが崩れてしまっては、美容法としては本末転倒と言えます。



安全で効果的なバストアップ法

ピルを飲んでバストアップ効果を得るためには、継続的に飲み続けなければいけないというデメリットもあります。
服用を止めると徐々にサイズダウンしていってしまうので、確実なバストアップ法とは言えません。

バストアップが目的なら、より安全で効果的な方法から選びましょう。
専用のサプリメントはピルよりも効果的ですし、直接脂肪を注入する手術ならより短期間で効果があります。
最近ではお菓子感覚で続けられるゼリータイプのサプリや、メスを使わない日帰り手術など、手軽で安全なバストアップ法も増えています。

どの方法であれ、健康リスクのあるバストアップ法はおすすめできません。
安全で長く効果的な、体も心もきれいになれるバストアップ法を選びましょう。



豊胸手術「ヒアルロン酸注入法」と後遺症の有無

プチ豊胸とも呼ばれるヒアルロン酸注入法も豊胸手術のひとつです。
ヒアルロン酸はもともと体内にある物質ですので、安全性も高く施術も簡単でダウンタイムもないため多くの人に選ばれている施術法ですが、効果が持続しないことが最大のデメリットです。

後遺症は、質の悪いヒアルロン酸を注入した場合、バストが固くなったり凸凹ができたりしこりができたりすることなどが挙げられますが、それを防ぐためには、あまり安価な施術料のクリニックを選ばないことが重要でしょう。

豊胸手術にはいくつかの種類があり、それぞれに異なった後遺症があります。
バストアップ効果と後遺症のリスクを把握することで、より満足度の高い豊胸手術を受けることができるでしょう。
不安なことはその都度医師に相談し解決してから、豊胸手術を受けるようにしてください。