とろろ昆布はバストアップの味方!その効果は?オススメの食べ方は? | 脂肪注入法豊胸手術専門 池田ゆう子クリニック|東京渋谷区の美容外科

とろろ昆布はバストアップの味方!その効果は?オススメの食べ方は?

受付時間:10:30~19:30(水曜日休診)

  1. カウンセリング予約
  2. メール相談
公開日: 更新日:

とろろ昆布はバストアップの味方!その効果は?オススメの食べ方は?

とろろ昆布はバストアップの味方!その効果は?オススメの食べ方は?

栄養たっぷりのとろろ昆布は、バストアップに嬉しい効果を発揮してくれるといわれています。
とろろ昆布に秘められたバストアップパワーや、バストアップに効果的なとろろ昆布の食べ方についてチェックしてみましょう。

 

とろろ昆布のバストアップ効果って?

とろろ昆布は、昆布の断面を薄く糸状に削り取った食品で、さまざまな食べ方ができるのが魅力です。
そんなとろろ昆布に含まれる栄養素 “ボロン”には、バストアップ効果があるって知っていましたか?
ボロンには、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンを活性化させる働きがあります。
エストロゲンはバストの乳腺を発達させる役割を持つので、摂取し続ければ自然に豊かなバストが手に入るのです。

さらに、アルギン酸とフコイダンという成分がダイエット効果を促してくれる上、食物繊維もたっぷり含まれているため便秘解消の手助けにもなります。

 

とろろ昆布の効果的な摂取方法は?

とろろ昆布の効果的な摂取方法は?

アメリカ合衆国国立衛生研究所によると、ホウ素(ボロン)の1日あたりの摂取量の範囲は2.1mgから4.3mgが適切といいます。
この研究結果をもとにして、とろろ昆布は1日3mg程度を目安に摂取すると良いですね。
ボロンは熱に弱いため、加熱して食べるのではなくサラダや和え物に使うのがオススメです。

 

《1》冷や奴に乗せる

大豆イソフラボンをたっぷり含んでいる豆腐に、乾燥したままのとろろ昆布をたっぷり乗せて食べましょう。
大豆イソフラボンとボロンを一緒に摂取すれば、ダブルのバストアップ効果が期待できますね。

 

《2》スープに入れる

毎日のスープにとろろ昆布を投入して、とろみたっぷりのスープ習慣を続けてみましょう。
ただし、熱いスープにとろろ昆布を入れると成分が壊れてしまうことがあるので要注意。スープを盛りつけたあとにとろろ昆布を入れると良いでしょう。

 

《3》サラダに乗せる

サラダのドレッシングにとろろ昆布を混ぜると、適度なとろみが出て野菜が食べやすくなりますよ。
醤油ドレッシングやごまドレッシングなどに混ぜて、サラダを美味しくいただきましょう。

 

《4》主食のお供や薬味にもピッタリ!

ホカホカごはんにもぜひとろろ昆布を合わせたいですね。塩おにぎりの具材にとろろ昆布を使えば満足感がアップします。
そうめんやうどんの薬味にもとろろ昆布がよく合うので、麺類を食べるときにもとろろ昆布を活用してみましょう。

とろろ昆布にはバストアップだけではなく健康にも効果的なので、毎日継続して少しずつ摂取したいものです。
さまざまな食事に合わせて、手軽においしくバストアップを叶えていきましょう。

※本記事は特定の施術のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。また、効果には個人差がございます。

池田ゆう子クリニック、施術に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

0120-037-637
TEL:03-5428-3905  FAX:03-5428-3902
受付時間:10:30~19:30(水曜日休診)

未成年者の方へ

親権者の同意書 未婚で未成年の方は、親権者の同意書が必要です。また、未成年でかつ高校生以下の方は、同意書ご持参の上、親権者の同伴をお願いします。

PDFファイルを閲覧・印刷する場合にはAdobe Acrobat Readerが必要です。

▲ページトップ

クリニックコンセプト

院長 池田優子プロフィール

バストアップコラム

胸のお悩みアンケート調査

カウンセリング予約

メールカウンセリング

よくあるご質問

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
TEL:03-5428-3905 FAX:03-5428-3902