美バストを保つためには必須! ブラジャーを長持ちさせるお手入れ術

美バストを保つためには必須! ブラジャーを長持ちさせるお手入れ術

ブラジャーのお手入れ方法が間違っていると、バストラインに影響を及ぼすこともあるので要注意。 大切なブラジャーを長持ちさせるためには、日々の正しいお手入れが大切なのです。

ブラジャーを長持ちさせるための洗い方やお手入れ術を紹介します。



ブラジャーは手洗いが基本!

ブラジャーはとにかく丁寧に洗うのが基本です。
できれば洗濯機を使わず、ぬるま湯を使って手洗いするよう心がけましょう。

まずは清潔なぬるま湯に中性洗剤やランジェリー専用洗剤を適量入れ、5分程度ブラジャーをつけ置きします。
もみ洗いやゴシゴシ洗いをしたりねじったりするのは、ブラジャーを傷めることにつながるので避けましょう。
基本的にはお湯の中で優しく振るようにし、汚れがある場合には少し押したり軽くこすったりしながら洗っていきます。



きちんとすすいで日陰干ししよう

ブラジャーを洗ったあとには、何度もすすいで洗剤を落としきるようにします。
洗剤が残っていると生地が黄ばんで傷みやすくなるので要注意。
ぬるま湯が濁らなくなるぐらいすすいだら、大きめのタオルで包むようにして水気を取るようにしましょう。
ブラジャーをギュッと絞るのは型崩れの大きな原因になるのでNGです。

タオルだけで水気を取るのが難しい場合には、厚手のネットに入れて洗濯機で軽く脱水しましょう。
脱水しすぎてしまうと生地が傷みやすくなるので、1分程度かければOKです。

あとは形を整えて、アンダーバストの部分で吊って日陰干ししましょう。



洗濯機を使ってブラジャーを洗う場合

洗濯機を使ってブラジャーを洗う場合

ブラジャーをポイと洗濯機に放り込んでしまう人もいると思います。

しかし、ブラジャーにはワイヤーが入っているので、他の洗濯物と一緒にガンガン洗ってしまうのはNGです。
遠心力でワイヤーが曲がって折れてしまうなど、形崩れや傷みの原因になります。
時間が無くブラジャーを洗濯機で洗う場合には、ランジェリーコースやソフト洗いといったコースに設定しましょう。

ブラジャーは必ず専用の厚手ネットにひとつずつ入れるようにします。
入れる時にはホックを止めて、ストラップをカップの中に収めるようにしましょう。
このとき、ブラジャーのパッドは外した状態で洗ったほうが良いでしょう。

洗濯を終えたブラジャーは、カップの形を整えてふんわりと収納すればOK。優しく丁寧に扱って、ブラジャーの機能を最大限に引き出したいものですね。
大切なブラジャーを長く愛用するためにも、日々の正しいお手入れ方法を知っておくことが肝心です。



※本記事は特定の施術のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。また、効果には個人差がございます。