受付時間:10:30~19:30(水曜日休診)

  1. カウンセリング予約
  2. メールカウンセリング
  3. お問い合わせ

豊胸の見分け方って知ってる?バレないための自然なバストの作り方

豊胸の見分け方って知ってる?バレないための自然なバストの作り方

女性にとって胸の大きさや形は重要な問題です。
解決する手段として「豊胸手術」が人気ではあるものの、不安や疑問を拭えない人も多いでしょう。
豊胸が見破られる理由や、バレやすいシチュエーションについて解説します。



豊胸にはどんな種類があるの?

そもそも豊胸手術は大きく分けて3種類です。
まず、「ジェル豊胸」では、注射器をつかってジェル状のヒアルロン酸やポリアクリルアミドなどを胸に注入していきます。
切開の跡がつかないうえ、手術も手軽なのが人気です。
全身麻酔をかける必要がないので、恐怖心が薄いのもメリットといえるでしょう。

続いて、「シリコンバッグ豊胸」。シリコン製のバッグを胸に入れてサイズアップするやり方です。
切開手術をともなうものの、脇の下など目立たない部分にメスを入れるので、手術跡を見られるリスクは低いといえるでしょう。



ここでバレる!?豊胸の見分け方とは?

技術の進化にともない、豊胸をしても簡単には周囲にわかりづらくなってきています。
それでも、豊胸を完全にわからないようにすることは至難の業です。手術後の胸にはいろいろな特徴が出てしまうので、気をつける必要があります。
まずは、「仰向けになったときの形状」です。通常、胸はやわらかい脂肪でできているので、仰向けになると横に流れるのが自然です。
しかし、詰め物をしている胸は仰向けになっても変化がありません。立っているときと同じ形を保っているため、不自然な印象を与えます。

次に、「谷間」もバレるポイントです。左右の胸を寄せて谷間をつくったとき、普通なら谷間が縦にまっすぐな筋となるはずです。
しかし、豊胸後の胸は往々にして、谷間の上側に空白が空いてしまうのです。
これもまた、胸の質感を原因としている現象です。大きくてやわらかく胸なら、力を加えるほど寄るのが当然だといえます。
一方、詰め物の入った胸は力を加えても反発があるので寄り切らないのです

また、「固さ」も見分けられる要素です。シリコンの入った胸は普通の胸と比べて、はっきり硬質な感触があります。
ジェル手術を行った際も、時間の経過とともにしこりが生まれるケースは少なくありません。
そして、「LEDライトへの反応」でも豊胸はバレます。シリコンバッグは強い光をあてると反応する性質を持っています。
そのため、皮下脂肪が薄い状態でシリコンバッグ豊胸をすると、LEDライトに詰め物が反応してしまうのです。
もちろん、本物の脂肪は光に反応しないため、こうなると簡単にバレてしまいます。



ジェル豊胸の特徴

ジェル豊胸の特徴

ヒアルロン酸を使ったジェル豊胸は、これまで女性から強い支持を集めてきました。
理由はなんといってもハードルの低さにあります。注射器を使った施術は、跡がほとんど残りません。
時間が立てば、多くの場合はすっかり針の跡すら消えてしまいます。
さらに、施術時間は30分程度とスムーズであり、入院の必要すらありません。
施術が終わり次第、すぐに帰宅可能でした。
そのほか、ジェルは質感も自然なのですぐには見分けられないのも施術が愛されてきた理由です。

ところが、ジェル豊胸についてのデメリットも発覚しつつあります。
まず、ジェルに使われている成分の多くは時間とともに凝固する性質を備えています。そのため、施術からしばらくするとしこりができてしまう女性が多発しました。さらに、ジェル豊胸では感染症の危険もともないます。ジェルに細菌が侵入すると、炎症や発熱が引き起こされます。
ひどいときには激しい痛みもともなうので、必ずしも安全性の高い施術とは言い切れません。

さらに、サイズアップや持続力についても問題を抱えています。ジェルは大幅なサイズアップには不向きの物質であり、最高でも0.5センチ程度しか大きくできません。
そして、ジェルは2~3年ほどで量が減っていきます。
一部の美容外科では10年近く持続させることも可能ではあるものの、ジェルの持続力はケースバイケースであり予測が非常に難しいといえます。
確実にバストサイズを保ちたいのであれば、ジェル豊胸は最適の手段ではないでしょう。



シリコンバッグ豊胸の特徴

胸の形にこだわる女性から人気なのが「シリコンバッグ豊胸」です。
シリコンバッグ豊胸は「プロテーゼ挿入法」とも呼ばれており、古くから伝わる方式です。
豊胸の中ではもっともスタンダードといえるでしょう。その大きなメリットは持続力の高さです。
シリコンバッグを胸に入れると、取り出さない限り形は崩れません。
再手術の必要なく長期間、スタイルを維持できます。また、女性の希望に応じて大胆なサイズアップを実現することも可能です。

デメリットとしては、「LEDライトをあてると光る」といった点が挙げられます。
この現象が発見された当時は話題を呼び、シリコンバッグ豊胸をためらう女性も増えました。

しかし、詳しく調べていくと必ずしもすべての手術経験者の胸が光るわけではないと判明しました。
現象は皮下脂肪が薄い人、強いライトを押しつけたときなど、特定の条件下に限られたのです。日常生活で光があたった程度では、まず反応することはないでしょう。

むしろ、より大きなデメリットは「形への違和感」でしょう。
シリコンバッグの入った胸は普通の胸よりも球体に近くなります。そのため、物理的には不自然さをともなっており、一目見ただけで気づかれることも珍しくありません。
特に、胸元が開いた服装や水着姿になると、ごまかすのは困難でしょう。
それに、仰向けになると服の上からでもバレがちです。
シリコンバッグはどんな体勢になっても形が変化しません。体が上を向いているのに胸が流れないので周囲に豊胸の事実が伝わります。



脂肪注入の特徴

スタイルアップも兼ねた豊胸手術として「脂肪注入」が支持されています。
脂肪注入では、まず脂肪がつきすぎている箇所から吸引を行います。
そして、脂肪を胸へと移すので、ウエストやヒップを小さくしてバストアップすることも可能です。
しかも、同じ人の脂肪を豊胸に使用するので、手術後の拒絶反応を抑えられます。
さらに、手術後には脂肪の3割から半分ほどが体内に定着します。つまり、注入された脂肪が胸の脂肪と同化するのです。そのままサイズを維持してくれるので、長期間、豊胸の効果を保てます。

姿勢を気にしなくていいのも、脂肪注入のメリットです。もっとも顕著なのは仰向けになったときで、胸がナチュラルに横へと流れてくれます。
質感も普通の胸と変わらないので、触れられて豊胸が発覚するような事態は防げます。
そのほか、乳がん検診にも便利です。詰め物が入っていると、検診で使用するマンモグラフィーの精度が低下しがちです。
そのため、シリコンバッグなどを取り出してから検査に臨まなくてはなりません。
しかし、脂肪注入の胸はマンモグラフィーの精度が変わらないことが大半です。精度が低くなってもごくわずかなので、比較的安心な手術といえます。

一方、強いて脂肪注入のデメリットを挙げるとすればバストアップの幅が脂肪吸引に左右される点です。
胸に移す脂肪が少ないと、大幅なバストアップは望めません。もともと体に脂肪が少ない人にとっては不便な方法ではあります。
さらに、うまくいったケースでも増えるのは2カップ未満です。質感をとるか量をとるか、慎重に考えましょう。



バレたくないなら脂肪注入がマスト!

どんな豊胸手術を選択するかは本人の目的次第です。
そして、「バレにくさ」に重点を置くなら脂肪注入がおすすめです。
まず、脂肪注入なら自然体でバストを大きくできます。もともと胸に含まれていた脂肪を増やす手術なので、見た目の違和感はほぼ発生しません。
寝転んでいるのに形が崩れなかったり、運動中の揺れ方に柔軟さがなかったりするなどの問題を防げます。本当に胸が大きい人と大差のない仕上がりにできます。

また、脂肪注入は安全性と定着率が高い手術でもあります。
ジェルのように感染症が起きる確率は少なく、時間が経ってもしこりが出ることもほとんどありません。
健康的な脂肪細胞だけを選別しているので、手術後、もともと胸にあった脂肪とスムーズに同化していきます。
多い人なら、50%以上の脂肪が定着することもあります。

さらに、大きさだけでなくデザインの面でも脂肪注入は効率的です。注入するポイントは自由に選べるので、理想のフォルムに近づくことが可能です。
さらに、左右の微妙な違いを調整して美しいシンメトリーも実現できます。
詰め物でありがちだった人工的な形状を避け、肉感的なバストに生まれ変われます。



豊胸は自然な見た目も意識しよう!

「費用」「サイズアップの幅」といった要素で豊胸手術の方法を選んでいる女性は少なくありません。
確かに、これらも手術を行ううえでは見逃せない要素です。しかし、安い手術でも結果がともなっていなければ意味がありません。
結局はもう一度手術をやり直す羽目になるだけでなく、健康を害してしまうこともあるでしょう。
また、胸は大きさだけでなく形も大切です。
ただバストアップするだけでなく、美しい形状を維持することにもこだわりたいところです。

何より、誰が見ても豊胸がわかるようなバストではかえって逆効果になりかねません。
どんなシチュエーションでも自然で、自分でも豊胸した事実を忘れてしまうようなスタイルが理想です。
脂肪注入なら、さりげない美しさと安全性を両立できます。豊胸手術を真剣に考えているなら、脂肪注入を検討してみましょう。



※本記事は特定の施術のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。また、効果には個人差がございます。

池田優子について

池田優子のプロフィール

池田優子のSTORYはこちら池田優子のLOVE HEARTS STORY

バストアップコラム

胸のお悩みアンケート調査

カウンセリング予約

メールカウンセリング

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
TEL:03-5428-3905 FAX:03-5428-3902