受付時間:10:30~19:30(水曜日休診)

  1. カウンセリング予約
  2. メールカウンセリング
  3. お問い合わせ

胸を大きくしたい女性必見!効果的な方法を5選で紹介

胸を大きくしたい女性必見!効果的な方法を5選で紹介

自分の胸にコンプレックスをもっている女性は、少なくありません。
胸を大きくするためには、豊胸手術をイメージするかもしれませんが、普段の生活習慣を見直したり、ストレッチをしたりと、日々の努力でバストアップが期待できるのです。
バストアップをし、コンプレックスを克服することで、毎日の生活を前向きに過ごせるようになります。
今まで手が出なかったファッションを、楽しむきっかけになるかもしれません。この記事では、バストアップの方法を5つに絞って紹介します。



胸の大きさに個人差がある理由

"胸の大きさは遺伝だと思う人もいるかもしれませんが、遺伝的要素は約3割といわれています。
胸の約9割は脂肪、残りの約1割は乳腺と、乳腺を支えるクーパー靭帯の3つで構成されています。
胸が大きくなるときに必要な乳腺の成長に欠かせないのが、エストロゲンという女性ホルモンです。

つまり、エストロゲンが十分に分泌されていれば、胸が大きくなりやすいといえるでしょう。女性のホルモンの分泌量は、過度なダイエットや運動、恒常的なストレスなどの要因によって妨げられてしまいます。
すると、胸の成長が止まってしまう可能性があるのです。胸の大きさは、遺伝的要素よりも、生活習慣の影響が大きいといえるでしょう。

また、胸を構成しているのはほぼ脂肪であるため、体全体に脂肪がついていたほうが、胸にも脂肪がつきやすく大きくなりやすいといえます。
脂肪のつきかたは個人差が大きいものです。脂肪がつきやすい体質であれば、胸も大きくなりやすいといえるでしょう。"



胸を大きくする方法1:ストレッチをする

"胸の9割は脂肪でできており、その奥にある大胸筋と小胸筋が脂肪を支えています。この2つは大きな筋肉ですが、普段はあまり使うことがありません。そのため、意識して鍛えないと衰えてしまうのです。大胸筋を鍛えることは、脂肪を胸に留めることで垂れ乳になるのを防いだり、バストアップしたりといった効果が期待できます。
小胸筋は、大胸筋の下にあり、いわゆるインナーマッスルと呼ばれる筋肉です。肩から脇にかけて伸びており、胸を上方向に引き上げています。そのため、小胸筋を鍛えることで、胸が上向きになるのです。
ストレッチをすることで、これらの筋肉を鍛えることができます。
さらに、クーパー靭帯にかかる負担が減るため、クーパー靭帯が切れたり伸びたりするのを防ぐことにもつながるのです。

有効なストレッチとしては、合掌のポーズや腕立て伏せなどがあります。
特に、合掌のポーズは場所を選ばず短時間でできるため、運動が苦手な人も取り入れやすいのではないでしょうか。
ただし、ストレッチによるバストアップはすぐに効果が出るものではありません。継続することが大切です。"



胸を大きくする方法2:ナイトブラを使う

"女性の大半は、日中にブラジャーを着用していますが、約57%の女性は就寝時にブラジャーを着用していません。
時々着用している人を含めると、約72%もの女性がブラジャーを着用せず寝ているのです。しかし、美しい胸を保つためには、ナイトブラが必須です。睡眠時は、寝返りをうつなど無意識にかなり動くのに伴い、胸もさまざまな方向に動きます。あおむけになると胸の脂肪は両脇に流れますし、横向きになると脇や背中に流れてしまいます。
ナイトブラでその動きを抑えて安定させることが、バストアップにつながるのです。

胸を固定するのが目的ならば、昼用のブラジャーでも問題ないのではと思うかもしれません。
しかし、昼間は胸が縦揺れの動きをすることを想定しているため、バストトップから下にかかる重力の負担を軽減する目的の下着なのです。
一方、ナイトブラはあらゆる方向への重力に対応しています。そのため、睡眠時には専用のナイトブラを選ぶ必要があるのです。

また、昼用のブラジャーは、ワイヤーを入れるなど胸を締め付けることで下向きの重力から胸を守っています。
そのため、締め付けが気になってしっかり睡眠がとれない可能性があります。
胸を育てる成長ホルモンが分泌される午後10~午前2時の間は、良質な睡眠をとることが大切です。そのため、快適な睡眠を妨げないようなナイトブラを着用すべきです。

自分に合ったナイトブラを選ぶポイントは、3つあります。
1つ目は、サイズです。大きすぎると、隙間から胸の脂肪が流れてしまいますし、小さすぎると締め付けすぎてしまいます。
2つ目は、使用感です。素材や締め付け具合によって着心地は異なります。
自分にとってベストなものを見つけましょう。3つ目は、価格とデザインです。
毎日着用するものなので、お気に入りのデザインを探すとよいでしょう。買い替えが負担にならないような価格のものを選ぶことも大切です。"



胸を大きくする方法3:生活習慣を見直す

"胸を大きくする女性ホルモンの分泌を促すためには、生活習慣の改善が大切です。
すぐに改善できるものとして、食事が挙げられます。
体を冷やさないよう、冷たい飲み物の過剰摂取や、アルコール、カフェインの摂りすぎに注意しましょう。

また、大豆イソフラボンを意識して摂ると効果的です。大豆イソフラボンは、エストロゲンと似た働きをするため、胸を大きくする効果が期待できます。
ただし、過剰摂取しないよう注意が必要です。1日に豆乳1杯もしくは味噌汁1杯を目安に摂取しましょう。

また、大胸筋の発達に必要なタンパク質も必要です。タンパク質が不足してしまうと、胸が垂れる可能性があります。
肉類や魚介類、たまご、チーズなどで積極的に摂取しましょう。
さらに、エストロゲンを増やす効果のあるホウ素も意識して摂りたい栄養素です。
りんごやナッツ類、キャベツなどに含まれています。熱に弱いという性質があるため、生で食べるようにしましょう。

十分な睡眠をとり、なるべくストレスのない生活を心掛けることも大切です。睡眠時に胸を育てる成長ホルモンが分泌されるため、5~8時間の睡眠時間を確保しましょう。

特に、成長ホルモンとエストロゲンがたっぷり分泌される午後10~午前2時は、寝ておきたいものです。
仕事や育児などでストレスが溜まっているのであれば、友達と食事に出かけたり、買物をしたり、映画を見たりと自分なりのストレス発散法を見つけましょう。
ストレスによってホルモンバランスが乱れると、バストアップの妨げになってしまいます。"



胸を大きくする方法4:サプリやクリームを利用する

バストアップ用のサプリやクリームを使うのも、一つの方法です。
エストロゲンや、乳腺を発達させるプロゲステロンなどの分泌を促すサプリやクリームを選んで使いましょう。
女性ホルモンは加齢に伴って分泌量が減っていくため、基本的には正しい生活習慣で分泌量を高めていきます。
そのうえで、サプリやクリームを使い、補っていくのです。

ただし、飲みすぎ、使いすぎはホルモンバランスを崩す原因になりかねません。
ホルモンバランスが乱れると、月経が不規則になったり、体調が悪化したりするため注意が必要です。
また、人によって体質的に向き不向きがあるため、少量ずつ試してみるとよいでしょう。



胸を大きくする方法5:豊胸手術をする

"豊胸手術は、短期間で胸を大きくでき、医療技術の進歩により手術したことがバレにくいというメリットもある方法です。
豊胸は、自分の脂肪を使う「脂肪注入法」とヒアルロン酸を入れる「ヒアルロン酸注入術」バッグを使う「人工乳腺法」の3種類があります。
脂肪注入法は、痩せたいところの脂肪を吸引し、その脂肪を胸に注入します。胸をいくつかの層に分け、それぞれの層に注入することで、脂肪の定着率を高めるのです。
ヒアルロン酸注入術は、胸の数カ所にヒアルロン酸の注射を打ち、胸の形を整えます。持続期間は1~2年ほどです。 人工乳腺法は、バッグを挿入するため大きな傷ができると心配するかもしれません。バッグを入れるための切開は3種類あります。
1つ目は「腋窩切開」です。腋窩とはわきの下のことで、ここを切開することで胸に傷がつくのを避け、傷もわきの下のシワに隠れるため目立ちにくくなります。
2つ目は「乳輪切開」です。傷がきれいに治りやすいのが特徴ですが、傷跡が残ってしまうと人の目につきやすいというデメリットもあります。
3つ目は「乳房下切開」です。
手術がしやすい切開法ですが、もともとのバストサイズが小さい場合、豊胸しても傷が目立ってしまいます。
これらのメリットやデメリットから、腋窩切開を選択する人が多い傾向です。

人工乳腺法は、仕上がりが自然な感触になり、理想の大きさや形の胸を追及できるというメリットがあります。
また、乳腺を傷つけないため、安心できるというのも特徴です。取り外しも可能なため、後から元の胸に戻すこともできます。
バッグの中身はシリコンや生理食塩水、バイオセルなどさまざまなので、胸の皮膚の厚さや乳腺の量、大胸筋の大きさなどに応じて選択可能です。"



豊胸手術は安全?

"豊胸手術には、胸の構造や乳腺組織に関する専門的な知識と高い技術が必要です。
手術経験の少ない医師が担当することで、トラブルを引き起こすリスクがあります。例えば、人工乳腺を入れる場合、経年劣化によって耐久性が落ちたバッグや、有害性のあるバッグを使用するなどです。
また、施術後に左右の大きさや形が違ったり、段差ができたり、バッグが破損したりといったトラブルも考えられます。

ヒアルロン酸注入術の場合、しこりのトラブルが生じやすい方法です。
ヒアルロン酸を注入すると、時間の経過に伴って体内に吸収されてなくなります。
しかし、うまくいかなかった場合、ヒアルロン酸が塊になり、周りを覆う被膜が硬くなることでしこりとなるのです。

さまざまな術式の中で、脂肪注入法は比較的低リスクな方法です。自分の体内にあった脂肪を胸に注入するため、人工物を注入するよりも安全性が高いといえるでしょう。
ただし、うまくいかなければ、注入した脂肪が壊死する可能性があるため、注意が必要です。
技術力と手術実績の高いクリニックを選ぶことが、豊胸手術の成功に欠かせません。"



自分に合う方法で胸を大きくしよう!

自分に合う方法で胸を大きくしよう!

胸を大きくする方法は、1つではありません。
胸を大きくすることで、コンプレックスから解放され、人生が良い方向にいくという人も少なくないでしょう。
小さな胸を見てため息をつく日々から、バストアップしたことで、自分に自信が持てるようになるかもしれません。自分に合った方法で胸を大きくしましょう。



※本記事は特定の施術のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。また、効果には個人差がございます。

池田優子について

池田優子のプロフィール

池田優子のSTORYはこちら池田優子のLOVE HEARTS STORY

バストアップコラム

胸のお悩みアンケート調査

カウンセリング予約

メールカウンセリング

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
TEL:03-5428-3905 FAX:03-5428-3902