巻き肩が原因? バストサイズをアップさせるストレッチ

巻き肩が原因? バストサイズをアップさせるストレッチ

バストアップを目指して筋トレやリンパマッサージなどに取り組んでいるのに、「なかなかバストのサイズがアップしない……」と悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。
バストサイズに変化がない、という場合、もしかしたら肩が前方に湾曲している「巻き肩」が原因かもしれません。

効率的にバストアップを目指すためには、巻き肩を解消してあげることがポイントとなります。
そこで今回は、巻き肩を解消しバストアップを目指すストレッチ法をご紹介します。



巻き肩って? セルフチェックしてみよう

巻き肩って? セルフチェックしてみよう

巻き肩という言葉に馴染みがないという人もいるかもしれませんが、実は現代人にはこの巻き肩の人が増えているといわれています。
スマホやPCの普及による姿勢の崩れや、体が冷えやすい生活を送ることが増えたことが巻き肩の原因だといわれています。

・セルフチェック法
o まずは自分が巻き肩かどうかをセルフチェックしてみましょう。
1. 鏡の前で横向きの姿がうつるように自然に立ちます。
2. 肩の力を抜き、両手をいつも通りに体の脇にすっとおろします。その姿を見てみましょう。

背中が丸まっている、お腹がポッコリしている、肩の位置より耳の位置が前に出ている、このような立ち姿の場合、巻き肩の可能性が高いです。



ストレッチで巻き肩解消&バストアップも!

巻き肩を解消することでバストの下垂を防ぎ、バストアップを測ることができます。
1日数分のストレッチでOKなので、毎日の習慣にしてみてはいかがでしょう。

◆肩甲骨を寄せるストレッチ
肩甲骨を柔らかく保つことで血行を促進し、バストを上へと持ち上げます。
① 両手を肩の高さで左右に広げる
② 肩甲骨を中心に寄せて10秒キープしたらゆっくり戻す
③ これを3回繰り返す

◆胸を広げるストレッチ
巻き肩は胸周辺の筋肉が縮こまってしまっています。
これをしっかり伸ばしてあげるストレッチも有効です。
① 両手を頭の上で組み、上に向かってギューッと思いっきり伸ばし、ゆっくり戻す
② これを3回繰り返す
③ 次に両手を背中で組み、後ろに向かってギューッと伸ばし、ゆっくり戻す
④ これを3回繰り返す
⑤ 両手を背中で組んだまま、腰を90度に曲げて両手を上に持ち上げる
⑥ 10秒キープしたら元に戻す

ストレッチをすることで巻き肩を改善するだけでなく、バスト周辺の血行やリンパの流れを促します。
それぞれバストアップには大切なことで、毎日続けることがポイントです。

姿勢を直すことがバストアップへの近道ということを忘れずに、さまざまなことに取り組みましょう。