体型が変わる! バストアップを叶える呼吸法とは

体型が変わる! バストアップを叶える呼吸法とは



エクササイズやサプリメントなど、さまざまなバストアップ方法が巷には溢れていますね。
そんな中、道具を一切使わず、さらに体を動かさなくてもバストアップできる方法があるというのをご存じでしょうか?

鍵を握るのは、私たちが1秒たりとも欠かすことのない「呼吸」にあります。
呼吸ひとつでバストアップを叶える、マル秘テクニックをご紹介します!



バストアップに必要なプロセスとは

バストアップするためには、まずは猫背を解消し、背筋を鍛えることが大切です。
猫背は、内臓の位置が下げて骨盤内にある血管やリンパ節を圧迫し、血行を悪くします。

すると、上半身に栄養が行き渡らず、バストが育たなくなってしまうのです。
そんな猫背を解消するのが、背中の筋肉=背筋です。
しかし、背筋を鍛えようとエクササイズをしても、なかなか大変で続きませんよね。

そこで有効となるのが、体を動かさなくてもできる「呼吸」です。
インナーマッスルを鍛えて、姿勢を強制することができますよ。

ただし、私たちが毎日している普通の呼吸ではそのような効果は得られません。
では、どのような呼吸が良いのか、探っていきましょう。


バストアップを叶える呼吸法

バストアップを叶える呼吸法は「胸式呼吸法」と呼ばれるものです。
胸郭を広げるように息を吸うことで、背筋も無理なく鍛えることができます。
猫背の人は、胸式呼吸法を行うことで自然と姿勢も改善されていきますよ。

また、くり返して行うことで内臓の位置も上がっていくため、バストアップしながら、ウエストを引き締めることが可能になるのです。


胸式呼吸法のやり方

胸式呼吸法のやり方

1. 背筋を伸ばして、リラックスした姿勢になります。
2. アンダーバストとウエストを引き締めたまま、胸を広げて鼻から息を吸います。
※肋骨を広げるのではなく、胸の上の方に息を入れるイメージで行いましょう。
肩は上がらないように、自然な体勢をキープすることが大切です。

3. 息を吸いきったら、口から息を吐いて胸をしぼませます。
※このとき、息を吸う時も吐く時も、お腹がふくらまないように注意しましょう。
常に腹部を引っ込めるイメージで行うとベストです。

以上の呼吸法を1日に30回ほどくり返しましょう。

なお、胸式呼吸法は覚醒作用があるため、就寝前は避け、朝や仕事の休憩時などに行うようにしてください。

この呼吸法を続けることで代謝のアップにもつながります。
そのためダイエット効果も得られますよ。
どこでも簡単にできる胸式呼吸法で、理想のバストを手に入れてみてくださいね!