このLOVEHEARTS STORYは、院長池田優子が、その生い立ちから医師としての道を歩むまでの紆余曲折の半生を、ノンフィクションライターが綴ったものです。 2002年に発刊された本ですが、多くの女性に勇気を差し上げることができればと思い、ここに掲載させていただきます。

池田ゆう子クリニック

池田優子は美容外科医として、一児の母親として、さらなる飛躍を遂げようとしている。
これ以上切り詰めようがないように思われるスケジュールをさらに切り詰めて準備にはげみ、
2002年春、独立を果たした。
彼女は、渋谷の中心に構えた「池田ゆう子クリニック」から、新しい「美」のあり方を提案していくという。
未曾有の不況のなかで、あえて前に進もうとする姿は自虐的にさえ見える。
現在以上の幸福が待っている可能性などほとんどないかもしれない。
むしろ現状を維持すれば苦しまずに済むはずだ。
彼女を突き動かす激しいエネルギーはどこから生まれてくるのか。
彼女をもっと深く知りたい――。わたしは彼女の出生までさかのぼり、取材を進めてみることにした。