豊胸手術のボディメイクコラム

受付時間:10:30~19:30(水曜日休診)

  1. カウンセリング予約
  2. メールカウンセリング
  3. お問い合わせ

バストアップ効果抜群のエクササイズポーズとは!?

バストアップ効果抜群のエクササイズポーズとは!?

胸の下垂や形・バランスの悪化など、胸に対する悩みをもつ女性は多いもの。
ただ、バストの悩みはなかなか解消が難しいため、諦めてしまう方も少なくありません。
そんな女性にオススメしたいのが、「バストアップ」に効果的なエクササイズのポーズ。
短い時間でも気軽に行うことができるポーズなので、ぜひ毎日継続して行ってみてくださいね。



コブラのポーズ・スフィンクスのポーズ

バストアップや背中のシェイプアップ・腰痛予防などに効果のあるコブラのポーズは、身体の負担も少なく初心者にもオススメのポーズです。
背中や肩甲骨が締まるためバストが開き、バスト周りの血行促進を促してくれるため、胸に栄養が行き届き胸のストレッチ効果やバストアップ効果が期待できます。
負担の少ないコブラのポーズですが、もしこのポーズで背中や腰痛が辛いようなら、より負担の少ないスフィンクスのポーズを行ってもOK。
椎間板ヘルニアなどによる腰痛がある場合は、医師に相談の上行うようにしましょう。

「コブラのポーズ」やり方
1. うつ伏せになり、足を腰幅に開く。両手を胸の横に置き、指先は開く。
2. 息を吸いながら両手で床を押し、胸を開きながらゆっくりと上半身を押し上げ体を起こす。
3. 視線は斜め上を向き、上体を反らせたまま呼吸を続けて、10・0秒ほどポーズをキープする。
・ 4. 息を吐きながら、ゆっくり上半身を床に下ろす。

「スフィンクスのポーズ」やり方
1. うつ伏せになり、足を腰幅に開いて両腕を胸の横に置く。
2. 息を吸いながら肘と腕で床を押し、胸を開くイメージでゆっくりと上半身を押し上げ体を起こす。
3. 視線は並行か斜め上を向き、そのまま10・0秒キープする。
4. 息を吐きながら、ゆっくり上半身を床に下ろす。

魚のポーズ

魚のポーズ

ヨガのポーズの中でも「魚のポーズ」は、特にバストアップ効果が期待できるポーズと言われています。
魚のポーズは胸を大きく開き背中を反らせるため、バストの土台となる大胸筋を伸ばし筋力アップ&バスト周りの血行促進効果が得られます。
胸周りの血行が良くなることで栄養・女性ホルモンが胸に届きやすくなり、高いバストアップ効果が期待できるのです。
また、背中を反らせるこの魚のポーズは、バストの形やバランスを悪化させてしまう猫背を改善し、姿勢を正しく保つためにも効果的です。

「魚のポーズ」やり方
1. 仰向けになり、左右の足のくるぶしを付け両足を揃える。
2. 息を吸いながら骨盤を少し浮かせ、お尻の下に手を手の甲を上にして入れる。腕は背中の下にしまうような形にする。
3. 息を吸いながら胸を天井に向けて持ち上げ、頭の頂点が床につくよう首を伸ばす。この状態で約30秒キープする。
4. 息を吐きながら、ゆっくり元の状態に戻す。
5. 仰向けに戻ったら、手のひらを上に向け足を軽く開いてリラックスする。

ヨガにあまり馴染みがなくても、これらのポーズは簡単なため気軽に行えます。
お風呂上りや寝る前にぜひ行ってみてくださいね。



池田ゆう子クリニックについて

池田ゆう子クリニックは、開院時より脂肪吸引豊胸手術を専門とするクリニックとして訴求してきました。
豊胸手術にはバッグ挿入法という豊胸術と脂肪注入法という豊胸術の2つの豊胸手法があります。
池田ゆう子クリニックでは、当時まだマイナーだった脂肪注入法による豊胸を、日本人の体格に最も適した豊胸術であるとしてテレビ番組や雑誌などで積極的にPRしてきました。
その結果現在では学会においても脂肪注入法豊胸術による豊胸が主流となってきています。
豊胸クリニックをお選びになるのでしたら、脂肪注入法豊胸手術のパイオニアで、豊胸手術の実績が豊富な池田ゆう子クリニックをお選びください。

池田ゆう子クリニックの豊胸手術は、手術で最もリスクが高いと言われる全身麻酔や硬膜外麻酔は使用せず、歯医者さんの麻酔にも匹敵する安全性の高い局所麻酔を使用しています。
ですので豊胸手術の途中でも豊胸経過をご覧いただくことができます。
しこりのリスクを下げるため胸への脂肪注入は1ccづつ注射針でバスト全体に注入していきます。また院長が女性ですので、患者さまの気持ちに沿った豊胸ができることも特徴です。

池田優子について

池田優子のプロフィール

池田優子のSTORYはこちら池田優子のLOVE HEARTS STORY

胸のお悩みアンケート調査

ボディメイクコラム

カウンセリング予約

メールカウンセリング

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
TEL:03-5428-3905 FAX:03-5428-3902