受付時間:10:30~19:30(水曜日休診)

  1. カウンセリング予約
  2. メールカウンセリング
  3. お問い合わせ

ハリのある美肌を作る! 大切な冬の紫外線対策

ハリのある美肌を作る! 大切な冬の紫外線対策



紫外線対策は、春や夏といった暖かい季節だけすれば良いものと誤解していませんか?

しかし、紫外線は一年中肌の上に降り注いでいます。
そのため、冬の紫外線対策は重要になってきます。

いったいどのような対策法をとれば良いのかをご紹介しましょう。



紫外線から、冬の肌を守るべき理由

春や夏は日傘で強い日差しをガードしたり日焼け止めをせっせと塗っているけれど、寒い季節になると乾燥対策を重視してしまいがち、という人は多いかもしれません。

しかし、冬の紫外線対策を怠ると、肌の乾燥を加速させてしまう恐れがあります。
なぜなら、紫外線は肌を構成している細胞の核にダメージを与え、肌の水分を守る層を乱す恐れがあるからです。

ただ、紫外線が肌の上に降り注ぐ量は、季節だけでなく地域によって差があります。
例えば、スキーやスノーボードといった冬のレジャーで、うっかり日焼けしてしまった経験がある人も多いのではないでしょうか?
太陽に近い高地にいればいるほど紫外線量は多くなりますし、さらに雪山のように遮るものがない場所ならより紫外線量が多くなる傾向があります。


冬の肌は紫外線の影響を受けやすい

今日からできる効果的な紫外線対策

冬の肌は乾燥しがちです。
そのため、どんなに保湿ケアをしても間に合わないと感じるくらい乾燥してしまうという人も多いです。

特に冬の肌は、春~秋と蓄積された紫外線ダメージの影響を受け、栄養不足に陥りがちです。
また寒さによって冷えが促進され。血行も悪くなります。

すると、健康的な肌に必要な栄養素を運ぶことや老廃物の回収がうまく行われなくなり、肌はダメージから回復しづらい状態になります。
このような栄養不足に加え、乾燥した空気にさらされている冬の肌は、紫外線の影響を防ぐことが難しくなるでしょう。

もし紫外線によるダメージを受ければ、春夏よりもダメージが大きくなることは必至です。
これにより肌の乾燥が促され、保湿しても間に合わないといった状態に陥ってしまう恐れもあります


今日からできる効果的な紫外線対策



冬の肌を紫外線から守るためには、冬であっても欠かさずにUVケアを行うことが大切です。
暖かい季節と違って肌の露出が少ないですが、外出先で暑くなってストールやマフラーを外すような場合がありますよね。

うっかり日焼けを防ぐために、首元や胸元、首の後ろなどに塗り忘れがないように注意することがポイントです。

また、しみやしわの大きな原因のひとつといわれているUVAは、雲や窓ガラスを通過する性質を持っているため、窓辺の近くは危険地帯です。
室内だからと安心していると、思わぬダメージを受けていることに気づかず、長時間過ごしてしまう場合があるでしょう。

その点、UVカット効果のある化粧下地やコスメを日頃から使用していれば、うっかり日焼けを防ぐことにつながります。

美肌をキープするには、年間を通しての紫外線対策が必須です。
まずは、コスメにUVカット効果があるものを選ぶなど、簡単なところから始めてみてはいかがでしょうか?



池田ゆう子クリニックについて

池田ゆう子クリニックは、開院時より脂肪吸引豊胸手術を専門とするクリニックとして訴求してきました。
豊胸手術にはバッグ挿入法という豊胸術と脂肪注入法という豊胸術の2つの豊胸手法があります。
池田ゆう子クリニックでは、当時まだマイナーだった脂肪注入法による豊胸を、日本人の体格に最も適した豊胸術であるとしてテレビ番組や雑誌などで積極的にPRしてきました。
その結果現在では学会においても脂肪注入法豊胸術による豊胸が主流となってきています。
豊胸クリニックをお選びになるのでしたら、脂肪注入法豊胸手術のパイオニアで、豊胸手術の実績が豊富な池田ゆう子クリニックをお選びください。

池田ゆう子クリニックの豊胸手術は、手術で最もリスクが高いと言われる全身麻酔や硬膜外麻酔は使用せず、歯医者さんの麻酔にも匹敵する安全性の高い局所麻酔を使用しています。
ですので豊胸手術の途中でも豊胸経過をご覧いただくことができます。
しこりのリスクを下げるため胸への脂肪注入は1ccづつ注射針でバスト全体に注入していきます。また院長が女性ですので、患者さまの気持ちに沿った豊胸ができることも特徴です。

池田優子について

池田優子のプロフィール

池田優子のSTORYはこちら池田優子のLOVE HEARTS STORY

胸のお悩みアンケート調査

バストアップコラム

カウンセリング予約

メールカウンセリング

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
TEL:03-5428-3905 FAX:03-5428-3902