豊胸・脂肪注入法バストアップとは?

脂肪注入法バストアップは、術後の違和感や身体への負担が少ない豊胸手術です。
ご自身の脂肪を胸に利用するので、本物の胸と変わらないやわらかさ、上向きで形のよいバスト、自然で美しいラインが手に入ります。
最終的には2〜2.5カップのバストアップも可能。
池田ゆう子クリニックの豊胸手術について詳しくはこちらから


池田ゆう子クリニックが選ばれる理由
バストアップは脂肪注入法。だから安心
脂肪注入法バストアップとは、ご自身の身体にある余分な脂肪を吸引し、バストに注入するという方法です。
吸引した脂肪をそのまま利用するため、不自然な硬さがなく、レントゲンに写ることもありません。
異物による後遺症の心配も無用です。
脂肪注入法は、大学病院と同じ方式での豊胸手術。
バッグ式豊胸手術との違い
バッグ式豊胸手術のデメリット
  • ・拒絶反応がおきる危険性がある
  • ・術後、マッサージなどの痛みをともなうケアが負担
  • ・経年変化により、硬化して胸が凸凹になる危険性がある
  • ・加齢によって他の部位が変化しているのに、胸だけが
     突出して違和感を生じる
  • ・入院等検査時、バッグ挿入が知られてしまう
施術時間と麻酔について
オペ時間は約1時間。
手術で最もリスクが高いとされる、全身麻酔や硬膜外麻酔は使用していません。
ウエットメソッドという安全性の高い局所麻酔をおこなうことにより、オペ後はすぐに帰宅していただけます。
なお現在バッグを入れている方は、当院でバッグを抜き取った後、すぐに脂肪注入法バストアップをすることも可能です。
地方から手術を受けにこられる方も多くいらっしゃいます。
ACR血小板注入療法を導入して、さらに安心
胸に注入した脂肪の定着率を高めるため、脂肪細胞とともに幹細胞も同時に注入しています。
さらに定着率を高めるための施術として、このたびACR血小板注入療法をオプションとして併用することとなりました。
併用することで、毛細血管の再生が早められ、定着率が高まることが期待できます。
しかも注入するのはご自身の血液から採取した血小板ですから、危険性はほとんどありません。
ご予約はこちら
池田ゆう子クリニック
 
 
  • 東京都渋谷区神南1-11-1 市野ビル8F
  • 診察時間 10:30〜20:00(予約制)
  • 休診日 水曜日(祝日の場合は、診察日となります)
  • ★ 診察を希望される方は、まず予約受付ぺージから
      ご来院の予約をお願いしております。
ご予約はこちら